write your truth...小説を書くブログ

心配するな。
きみは 今までも書いてきたし、これからも書いていく。ひとつの真実の文章を書くだけでいいんだ。これ以上ない真実の文章をね。
(ヘミングウェイ)


創作に関する記事や、何かをつくるプロセスを記録していくブログ。



本も出ています

2027年までに100冊の本を書く



このブログを応援する

このリンクをクリックして、
アマゾンでお買い物をする。


ご協力、
ありがとうございます。

当ブログは、 読者のみなさまの ご支援 (amazonアソシエイトの 広告収入) で運営しております。

sakura

Thank you for visiting.
Thank you for reading.
Thank you for supporting.

今日も心おだやかな日で
ありますように...(^^)

長編小説を1年かけて書き終える

こんにちは、kanataです。今まで、小説のアイディアがひらめいて、書き始めるのはいいんだけど、いつも途中で挫折していました。(あなたも、そんなこと、ありませんか?)「毎日、一日400文字だけ書く」という低い目標を設定し、短編小説を初めて書き終えたときのこと、今で

竹内政明:倉嶋厚さんが書いた『雨のことば辞典』にもよくお世話になっています。これは、雨の名前や雨にまつわる言葉ばかりが書いてある辞典なんですけど、ちょっと気の利いた文章を書きたいときは一般の人にもおすすめできる辞典ですね。書く力私たちはこうして文章を磨い

以前、3000文字チャレンジをしました。内容:3000文字以上のブログ記事を30日書く 目的:書く体力をつけるそのときは、はてなブログで書いていたので、今回、30日分の記事をこっちに移動しました。「3000文字チャレンジ」というカテゴリーにまとめてあります。1年前に書いた

夜寝る前と、朝起きたばかりの時間

この2つの時間に、いつも、どこからかアイディアがやってくるように感じます。ボーッとしていて、意識がどこかに飛んでいって、アイディアを連れてきてくれるのかもしれません。

旅先の書店

旅に出ると必ず本を買って帰ります。今回の旅先(沖縄)でも何冊か買いました。本なんて、帰ってきてからでも買えるし、わざわざ旅先で買わなくてもいいんじゃない?(荷物も重たくなるし...)なんて言われることもありますが、本も人と同じで、その場所でしかない出会いがあ

創作に必要な時間

「Procrastination is part of the creative process.」という英語の言葉があります。今すぐ、やらない。少し先のばしにする。一見、怠けているようにも見える時間。何もしない時間。そんな時間も、クリエイティブな、何かを生みだす(創りだす)うえで、必要な過程だ、と。

自分のなかにあるものを信じて、書き進めていく

村上春樹さんの言葉の響きが好きです。いつも、その言葉を読むたびに、前進していくための力を与えられます。村上春樹 雑文集 (新潮文庫)僕はただ、自分の方向感覚を信じて、それぞれの物語を日々こつこつと書き進めていけばいいだけだった。このふたつの物語は必ずどこかで

ありふれた言葉に、新しい響きを

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)今「村上春樹 雑文集」を読んでいます。そう、新しい言葉なんてどこにもありはしない。ごく当たり前の普通の言葉に、新しい意味や、特別な響きを賦与するのが我々の仕事なんだ、と。(省略)我々の前にはまだまだ広い未知の地平が広がっている。

【公募ライフ】エッセイに挑戦

こんにちは、kanataです。2017年の前半は、川柳、短文や超短編小説に応募してきました。 10くらいの作品を出したなかで、1つの川柳が入賞しました。(やっぱり入賞すると嬉しいものですね)後半は、エッセイに挑戦してみようかなと思います。早速、図書館のエッセイコーナ

バースデイ文庫

最近は、アマゾンで本を買うことが多くなっていますが、この前、久しぶりに書店に足を運びました。「バースデイ文庫」って聞いたこと、ありますか? 自分と同じ日に生まれた著名人の本を買うことができます。「面白そう!」と思い、自分の誕生日を探しました。7月7日は、池

キレイごとなんか聞きたくないよねそうだよねでも、これだけは言わせてがんばらなくても、いいから無理もしなくて、いいから命をなげ出すことだけはしないで 今いる世界がすべてじゃないから大丈夫よでも、これだけは言わせて作り笑顔しなくていいからイヤなこと

あなたが過去に残してきたことは、なんですか?

親の都合で引越しをくり返していた私は 、気づけば常に 「転校生 」という存在だった 。初めて 、新しい学校に行くことも 、新しいクラスの前で挨拶することも 、慣れることなんて一度もなかった 。いつも 「よそもの 」から始まり 、 「ともだち 」になったかと思えば 、ま

小説を書きたいけど、何を書けばいいのか分からないときに読みたい19のヒント

こんにちは、kanataです。新しい本が出ました。よかったら、手に取ってみてくださいね。この本は、少し前の自分に向けて書いた本です。小説を書きたいという思いはあるけど、何から始めたらいいのか分からず困っていた、少し前の自分。小説を書きたいけど、何を書いたらいい

↑このページのトップヘ