write your truth...

創作に関する記事や、何かをつくるプロセスを記録していくブログ。







「過去」をモチーフ
にした短編・超短編集




日本語と英語でつづった詩集



心配するな。
きみは 今までも書いてきたし、これからも書いていく。ひとつの真実の文章を書くだけでいいんだ。これ以上ない真実の文章をね。
(ヘミングウェイ)



このブログを応援する

このリンクをクリックして、
アマゾンでお買い物をする。


ご協力、
ありがとうございます。

当ブログは、 読者のみなさまの ご支援 (amazonアソシエイトの 広告収入) で運営しております。

sakura

Thank you for visiting.
Thank you for reading.
Thank you for supporting.

今日も心おだやかな日で
ありますように...(^^)

そこにないものを描いてもいい

誰の言葉か忘れてしまいましたが、画家が目の前の風景を描くとき、心のなかに、それが見えているなら、実際にはそこにないものを描いてもいいし、逆に、そこにあるものを描かなくてもいい。みたいなことを聞いたことがあります。 小説を書くときも、これに似ているところが

美しさか真実か

ポッドキャストで、おもしろいインタビューを聞きました。ポッドキャスト名:The Moment with Brian Koppelmanエピソード名:Ethan Caninイーサン・ケイニンさんという作家の方をご存知ですか?わたしは、はじめて知りました。彼のインタビューで印象に残ったことは、「作家

インデックス・カードを使って小説を書く方法8

こんにちは、kanataです。インデックス・カードって聞いたことありますか?日本では、情報カードと呼ばれています。英語圏では、小説や本などを書くときに、このインデックス・カードをよく使用するみたいです。色んな活用法をまとめてみました。主なサイズは、4x6インチと

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」を読んで

こんにちは、kanataです。「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」を読みました。前回読んだときは、一言一句、すべて読もうとして途中でつかれてしまいましたが、今回は創作に関する自分の興味のある箇所を中心に読んでいきました。 主人公が体験する冒険

自分プロジェクトのすすめ

こんにちは、kanataです。今回は自分プロジェクトについて書きたいと思います。前に、自分プロジェクトは、5つくらいが、ちょうどいい?という記事を書きました。 自分プロジェクトって何でしょう?個人的にはこのように考えています。 自分の生活を豊か

質より量?

面白い話を聞きました。ある大学の陶器の授業で、1学期間、クラスを半分に分けて、1つのグループは、1つの陶器を作って、その質が評価対象になり、もう1つのグループは、できるだけ多くの陶器を作り、その重さの合計が評価対象になる。学期末に、外部から審査員を招いて、ど

短編小説を書き終えて思ったこと3つ

こんにちは、kanataです。爽やかな風が気持ちいい季節になりましたね。   今回は、短編小説を書き終えて、思ったことをまとめたいと思います。関連記事:小説を毎日400文字書き続けて思ったこと3つ小説を推敲するときのポイント3つ長めの短編1つ、短めの短編1つ、超短

小さな物語りが集まって、1つの本ができる

こんにちは、kanataです。「童話を書こう!」を読んで、印象に残った箇所を3つ紹介したいと思います。物語は 、どこから書いてもいいのだ 。初めの場面が浮かんでいなくてもラストシ ーンが決まっているのなら 、そこから手をつければいい 。あなたが最も書きたいと思ってい

アマゾンで電子書籍(kindle版)を出すときの、おおまかな流れ

こんにちは、kanataです。前に書いた記事でも紹介しましたが、自己出版小説家のインタビューから学んだこと3つ ここ最近、色んなインタビューに感化され、「自分でも、アマゾンで電子書籍を出してみたい」と思うようになりました。 調べていくと、色々な方法があるみたい

テーマを見つける

 今書いている本の表紙の写真を撮りにいきました。英語には、You can do anything you want, but you can't do everything you want.という言葉があります。あなたは、なんでも、やりたいことができる。でも、やりたいことすべてを、することはできない。「広くあさく、せま

このブログについて

こんにちは、kanataです。最近になって電子書籍を書いてみたいと思って、色々と調べているうちにEPUB書き出し機能があるlivedoor blogさんにたどり着きました。 書きたいテーマは、物語(小説)、英語や自己啓発系。このブログでは、主に小説の創作に関する記事や何かをつく

自己出版小説家のインタビューから学んだこと3つ

ヒュー・ハウイーさんをご存知ですか?私は、以下ポッドキャストのインタビューを聞くまでは知りませんでした。ポッドキャスト名:The James Altucher Showエピソード名:Ep9-Hugh Howey自己出版で成功した小説家の方で、今は日本語訳も出ています。ウール 上<ウール> (角川

小説を書くことと翻訳することの共通点

こんにちは、kanataです。小説を書いてみて「なんだか翻訳の作業に似てるな」と思うことがあったので、それについて書いてみようと思います。私には、小説を書き終えることができない時期がありました。アイディアが浮かんで書き始めるけど、途中で挫折してしまう。これの繰

↑このページのトップヘ