「食べて、祈って、恋をして」の
著者(エリザベス・ギルバート)が
「I write in seasons.」と言っていました。

彼女の場合、
小説を書く前の
下調べの期間が数年あり、

実際の小説を書く期間は、
早くて数ヶ月だそうです。

そうすることで、
まっしろなページを前にして、
何を書くか思い悩むことはない。

下調べが終われば、
あとはテストの穴埋め問題を
解いていくような感覚で
筆が進むのだと言っていました。