write your truth...

心配するな。
きみは 今までも書いてきたし、これからも書いていく。ひとつの真実の文章を書くだけでいいんだ。これ以上ない真実の文章をね。
(ヘミングウェイ)


創作について、あれこれ





sakura

Thank you for visiting.
Thank you for reading.
Thank you for supporting.

今日も心おだやかな日で
ありますように...(^^)

カテゴリ: 言葉っておもしろい

竹内政明:倉嶋厚さんが書いた『雨のことば辞典』にもよくお世話になっています。これは、雨の名前や雨にまつわる言葉ばかりが書いてある辞典なんですけど、ちょっと気の利いた文章を書きたいときは一般の人にもおすすめできる辞典ですね。書く力私たちはこうして文章を磨い

【010】国語辞典を開いてみると、素敵な出会いがあったりする。

  こんにちは、kanataです。 「言葉っておもしろいシリーズ」を10記事 書こうと決めて、今回で最後になります。 思ったことを3つ書きたいと思います。    今までの記事たちは、こちら      ことばって美しい   特に美しいと感じた言葉たち10   とめゆく(求め行く

  しあわせってなんだろ〜 国語辞典に聞いてみた〜♪       しあわせ(幸せ) (その人にとって)幸運(幸福)であること。 ...........(-__-)       しあわせ(仕合せ) 運命のめぐり合せ。 おぉ〜       うんめい(運命) 生前からすでに定まっていて

  国語辞典をパラパラめくって出会った言葉たち。       えいか(英華) すぐれた才能。すぐれた詩や文章。       げいじゅつ(芸術)  一定の素材・様式を使って、社会の現実、 理想とその矛盾や、人生の哀歓などを 描き出す人間の活動と、その作品。    

  国語辞典をパラパラとめくって出会った言葉たち。    今回は、自然に関する言葉たち。     じう(慈雨) ほどよく、うるおいをもたらす雨。       しおかげ(潮影) 海水の表面に、さざ波などの影響でできるまだらな模様。     しゅんこう(春光) 春

  久しぶりに映画「舟を編む」を観ました。   大好きな映画は何度観てもいいですね。 新しい気づきがあったり、 初めて観たときの感動が蘇ってくる。   初めて辞書というものに興味を持つようになったのも、 この映画がキッカケだったように思います。     こい

  国語辞典をパラパラめくって出会った言葉たち。       きゆう(喜憂) ときには喜んだり、ときには悲しみに胸を痛めたりすること。       きゅうおん(旧恩) 昔受けた恩。       きょうえい(共栄) 利害を異にするものが一緒に栄えること。      

  国語辞典を開いて出会った言葉たち。         よそめ(余所目) 他人の目(立場)で見ること。         よだつ(与奪) 「与えることと奪うこと」の意の漢語的表現。         よまき(余蒔き) その年に取れた種をもう一度蒔いて、取り入れること。

  国語辞典をめくりながら出会った言葉たち。 今回は春に関する言葉もちらほら。       しゅんでい(春泥) 雪どけなどによる春先のぬかるみ。         じゅんぱく(純白) 「あらゆる点においてまっ白だ」ととらえる様子。 (純真でけがれを知らない様子の意

【002】言葉っておもしろい

  国語辞典をパラパラとめくりながら出会った言葉たち。       くんぷう(薫風) 初夏に若葉のかおりを漂わせて吹くさわやかな風。 初めて聞きました。 薫(かおる)風(かぜ)って書くのも、なんだか素敵。       げいいき(芸域) (その芸能人の到達した)芸

↑このページのトップヘ