write your truth...小説を書くブログ

心配するな。
きみは 今までも書いてきたし、これからも書いていく。ひとつの真実の文章を書くだけでいいんだ。これ以上ない真実の文章をね。
(ヘミングウェイ)


創作に関する記事や、何かをつくるプロセスを記録していくブログ。



本も出ています

2027年までに100冊の本を書く



このブログを応援する

このリンクをクリックして、
アマゾンでお買い物をする。


ご協力、
ありがとうございます。

当ブログは、 読者のみなさまの ご支援 (amazonアソシエイトの 広告収入) で運営しております。

sakura

Thank you for visiting.
Thank you for reading.
Thank you for supporting.

今日も心おだやかな日で
ありますように...(^^)

カテゴリ: 創作について

夜寝る前と、朝起きたばかりの時間

この2つの時間に、いつも、どこからかアイディアがやってくるように感じます。ボーッとしていて、意識がどこかに飛んでいって、アイディアを連れてきてくれるのかもしれません。

創作に必要な時間

「Procrastination is part of the creative process.」という英語の言葉があります。今すぐ、やらない。少し先のばしにする。一見、怠けているようにも見える時間。何もしない時間。そんな時間も、クリエイティブな、何かを生みだす(創りだす)うえで、必要な過程だ、と。

自分のなかにあるものを信じて、書き進めていく

村上春樹さんの言葉の響きが好きです。いつも、その言葉を読むたびに、前進していくための力を与えられます。村上春樹 雑文集 (新潮文庫)僕はただ、自分の方向感覚を信じて、それぞれの物語を日々こつこつと書き進めていけばいいだけだった。このふたつの物語は必ずどこかで

ありふれた言葉に、新しい響きを

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)今「村上春樹 雑文集」を読んでいます。そう、新しい言葉なんてどこにもありはしない。ごく当たり前の普通の言葉に、新しい意味や、特別な響きを賦与するのが我々の仕事なんだ、と。(省略)我々の前にはまだまだ広い未知の地平が広がっている。

小説を書きたいけど、何を書けばいいのか分からないときに読みたい19のヒント

こんにちは、kanataです。新しい本が出ました。よかったら、手に取ってみてくださいね。この本は、少し前の自分に向けて書いた本です。小説を書きたいという思いはあるけど、何から始めたらいいのか分からず困っていた、少し前の自分。小説を書きたいけど、何を書いたらいい

「食べて、祈って、恋をして」の著者(エリザベス・ギルバート)が「I write in seasons.」と言っていました。彼女の場合、小説を書く前の下調べの期間が数年あり、実際の小説を書く期間は、早くて数ヶ月だそうです。そうすることで、まっしろなページを前にして、何を書くか

そこにないものを描いてもいい

誰の言葉か忘れてしまいましたが、画家が目の前の風景を描くとき、心のなかに、それが見えているなら、実際にはそこにないものを描いてもいいし、逆に、そこにあるものを描かなくてもいい。みたいなことを聞いたことがあります。 小説を書くときも、これに似ているところが

美しさか真実か

ポッドキャストで、おもしろいインタビューを聞きました。ポッドキャスト名:The Moment with Brian Koppelmanエピソード名:Ethan Caninイーサン・ケイニンさんという作家の方をご存知ですか?わたしは、はじめて知りました。彼のインタビューで印象に残ったことは、「作家

インデックス・カードを使って小説を書く方法8

こんにちは、kanataです。インデックス・カードって聞いたことありますか?日本では、情報カードと呼ばれています。英語圏では、小説や本などを書くときに、このインデックス・カードをよく使用するみたいです。色んな活用法をまとめてみました。主なサイズは、4x6インチと

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」を読んで

こんにちは、kanataです。「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」を読みました。前回読んだときは、一言一句、すべて読もうとして途中でつかれてしまいましたが、今回は創作に関する自分の興味のある箇所を中心に読んでいきました。 主人公が体験する冒険

↑このページのトップヘ