write your truth...小説を書くブログ

心配するな。
きみは 今までも書いてきたし、これからも書いていく。ひとつの真実の文章を書くだけでいいんだ。これ以上ない真実の文章をね。
(ヘミングウェイ)


創作に関する記事や、何かをつくるプロセスを記録していくブログ。



本も出ています

2027年までに100冊の本を書く



このブログを応援する

このリンクをクリックして、
アマゾンでお買い物をする。


ご協力、
ありがとうございます。

当ブログは、 読者のみなさまの ご支援 (amazonアソシエイトの 広告収入) で運営しております。

sakura

Thank you for visiting.
Thank you for reading.
Thank you for supporting.

今日も心おだやかな日で
ありますように...(^^)

カテゴリ: 読書

旅先の書店

旅に出ると必ず本を買って帰ります。今回の旅先(沖縄)でも何冊か買いました。本なんて、帰ってきてからでも買えるし、わざわざ旅先で買わなくてもいいんじゃない?(荷物も重たくなるし...)なんて言われることもありますが、本も人と同じで、その場所でしかない出会いがあ

ありふれた言葉に、新しい響きを

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)今「村上春樹 雑文集」を読んでいます。そう、新しい言葉なんてどこにもありはしない。ごく当たり前の普通の言葉に、新しい意味や、特別な響きを賦与するのが我々の仕事なんだ、と。(省略)我々の前にはまだまだ広い未知の地平が広がっている。

バースデイ文庫

最近は、アマゾンで本を買うことが多くなっていますが、この前、久しぶりに書店に足を運びました。「バースデイ文庫」って聞いたこと、ありますか? 自分と同じ日に生まれた著名人の本を買うことができます。「面白そう!」と思い、自分の誕生日を探しました。7月7日は、池

一見、意味のわからない詩を書いてみたい

こんにちは、kanataです。最果タヒさんの詩集「グッドモーニング」を読みました。言葉の組み合わせが斬新で、不思議な世界に迷いこんだような感覚でした。印象に残った箇所を紹介したいと思います。支配されていたものに戻ってきていまこれをかき始めているわたしの知ってい

【002】なんとなく好きな小説の冒頭

こんにちは、kanataです。今回は、「なんとなく好きな小説の冒頭」の第2弾ということで、自分が惹かれた小説の冒頭を集めてみました。 素敵な物語に出会えることを願って…。 以下は「群像2016年10月号」に掲載された短編小説の中から個人的に好きなものをピックアップし

窓ぎわで読書ができる空間7選

窓ぎわで読書ができる空間が、ほしい、ほしい、ほしい...。 http://vestidoslindosatelier.tumblr.com/post/90941219456 いつか......ね。http://onekindesign.com/2013/09/06/63-incredibly-cozy-inspiring-window-seat-ideas/http://onekindesign.com/2013/09/06/63-incr

【001】なんとなく好きな小説の冒頭

 こんにちは、kanataです。前回の記事を書きながら、物語の世界にスーッと入っていける冒頭って大切だよなー、どうやったらそんな風に書けるんだろう?って考えさせられた。関連記事:スティーブン・キングが小説の冒頭について語るこの記事では、自分が素敵だと感じる小説

↑このページのトップヘ